ヘリテージマネージャー養成講座6

HM養成講座、宇部編
山口大学感性デザイン工学科の内田文雄先生に
「建築が生き続けるということ」というテーマで講演いただきました。
 
 
 
 
 
人口減少に伴う空き家の増加、公共施設の老朽化など
建築を取り巻く様々な問題が浮かび上がる中
質の高い建物を後世に伝え残していくことが課題になっています。
 
建物はまちや人の歴史や記憶を繋いでいく貴重な存在です。
しかし、使われなくなった建物をただ単に保存するには大きなコストを伴います。
そのため、建物を生かし続けて残していく方策が必要になります。
 
講演では、内田先生の実践をもとに
生き続ける建築について、貴重なお話をいただきました。
 
 
 
 
 
講演の後、
重要文化財となった渡辺翁記念館など、建築家、村野藤吾の作品を視察。
 
 
 
 
 
エントランス脇の壁には炭鉱で発展した宇部を象徴する
炭鉱労働者のレリーフが刻まれています。
 
 レトロな雰囲気のエントランスは
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のロケにも使われました。
 
 
 
 
 
ロビーから2階天井を見上げたところ
手すり壁、柱、天井の照明形状など
力強さの中にも優美な表情も併せ持つ意匠にまとめられています。
 
 
 
 
 
階段ホール吹抜けのガラスブロック
改修時に新しいものに変わっていますが
複雑な形状が光を乱反射させながらドラマチックに広がっています。
 
 
 
 
 
2階ホワイエの列柱空間
茶色の大理石と磨き込まれたチェック模様の床が華やかです。
 
 
 
 
 
ホール内部を舞台から臨んだところ
村野特有の優美な曲線が多用された空間は、音響的にもすぐれています。
 
 
 
 
 
ホール背面、円弧壁の連続
舞台からの音をこちらで拡散させる効果を意匠とバランスさせています。
 
 
 
 
 
天井の造形とライティング、間接光が優美で美しい。
 
 
 
 
 
照明器具も村野によるオリジナルデザイン
一つ一つ丹念にデザインされています。
 
 
 
 
 
貴賓室の床
4色の人研ぎ仕上げに大理石がはめ込まれたコンポジション
 
村野は随所に装飾的な意匠を施していますが
そこには、建築は合理性だけでなく、人の心に響くものでなければならない
という彼の哲学が深く刻み込まれているように思います。
 
 
 
 
 
回り階段、巾木端部のディテール(丸く盛り上がっている部分)
ほとんど人が気づかないような箇所も
細心の注意を払ってデザインされています。
 
 
全体の空間構成から細部の意匠に至るまで
ひとつとして手を抜くことなく、デザインされたこの建物。
奇跡的に戦災を免れ、その後も市民に愛されながら現役であり続け
これからも長く長く生き続けていくことでしょう。
 

ヘリテージマネージャー養成講座5

HM養成講座、今回は岩国の城下町の取組みを学びました。
 
岩国城は、関ヶ原の合戦以後、毛利氏の国境の守りとして
江戸時代には珍しく山城としてつくられました。
 
しかし、岩国城下の平地が狭いため、
錦川を挟んだ対岸に城下町が整備されました。
 
そして、家臣が錦川を渡って城に通うために錦帯橋がつくられた
など、その成り立ちを初めて知ることができました。
 
 
 
 
 
 
城下町は現在も江戸時代の町割りがあまり崩れることなく残っており
歴史上の町割りの中に、旧家も数多く存在しています。
 
 
 
 
今回、講義ののちに旧家の実測調査の実習を行いました。
5、6人のグループごとに、手分けして建物の各寸法を記録していきます。
 
 
 
 
外部につづき、室内の寸法も計測していきます。
メジャーで長い建物の両端を固定する係、途中の寸法を測る係、
寸法を図面に記入する係など、手分けをして測っていきます。
 
 
 
 
寸法を測りながら、この家の特徴となる意匠や空間もチェック。
この家には、隣家との間に立派な火袋がつくられていました。
 
火袋は、
かまどのある吹抜けの空間で炊事による熱気や煙を上部に逃がし、
火事が起こった際にはこの空間に火を閉じ込めて延焼を防ぐという
古人の知恵が詰まった日本建築固有の空間です。
 
京都の町家にはよく見られるものですが
この岩国のまちの中にその知恵が受け継がれているのは
とても興味深くもあります。
 
 
 
 
実測が終わり、間取りと各寸法を書き出したもの。
(山根建築設計事務所の山根さん作図)
 
 
 
 
こちらは2階に上がる箱階段を図にしたもの
(金子工務店の金子さん作)
いずれも力作です!
 
 
実際に改修を行う際もこのような実測を行い
建物の全容を明らかにすることが求められます。
 
新築に比べて、目に見えない手間がかかりますが
現代ではつくれない価値を将来に受け継ぐための大切な仕事です。
 
 
 
 
今回実測調査に協力いただいた中川家と中川さん。
古くからの家を現在まで大切に守っておられます。
 
HM講座では、この価値を未来にどう活かすか
その活用方法についての模索も学んでいきます。
 
 

ヘリテージマネージャー養成講座4

 
HM養成講座、今回は構造対策について学びました。
 
まず、櫛ヶ浜の家の改修でも構造解析をお願いした
グリーンデザインオフィスの岩田さんから、
改修事例にもとづいた実践的な講義をいただきました。
 
 
 
 
 
特に強調されていたのが、建物の耐震性を考える場合は
上物だけでなく地盤と一緒に考えることの重要性について。
 
櫛ヶ浜の家でもそうでしたが
昔の家は大した基礎がなく、地面の上にそのまま建っているケースが多いのですが
地盤が弱い場合には、その影響を大きく受けてしまいます。
そのため、しっかり踏んばれるように
強固なコンクリートの基礎を設けることが重要になります。
 
 
 
 
午後からは、関西大学の西澤英和教授からの講義。
ここでも、いかに地盤対策が大事かについて神戸の地震をもとに
説明をいただきました。
 
 
 
 
これは、阪神淡路大震災での活断層と被害の集中した地区を示した図。
(赤い破線が活断層、グレーで囲われた範囲が被害集中地域)
 
この図によると
実際に被害が大きかったのは活断層付近ではなく
それより海寄りの軟弱地盤の土地だったそうです。
 
建物被害については
震度の大きさだけでなく、地盤の影響が大きいことがわかります。
 
 
 
 
これは被害が大きかった三宮にある神戸15番館の倒壊した様子。
建物が跡形もなく崩れています。
 
 
 
 
 
15番館の基礎を実測調査すると、
南北方向に455ミリ、また、上下方向に309ミリも動いたそうです。
 
140㎡ほどのさほど大きくない建物でこれほど地盤が動くのだから
建物の強度だけでは、到底大地震にはかなわないということがわかります。
 
私のメモにあるように
いかに地盤の動きを上物(建物)に伝えないようにするかが重要となります。
 
建物の硬さや強さだけでは、必ずしも建物は守れないこと、
建物の構造にふさわしい構造対策を取ることが大事であることが示されました。
 
それが次の動画です。
 
 
 
これはE-ディフェンスで行われた実証実験。
(実物大の建物を実験室内に建てて、地震動を与えてその影響を検証するものです。)
 
耐震性のやや低い在来構法の建物(手前)と長期優良住宅(奥)を同時に揺らしたところ、
強いはずの長期優良住宅が倒壊してしまったのです。
在来構法の建物は揺れの最初に一瞬足元が浮き上がりますが
それによって地震の力を逃がすことによって倒壊が免れたと考えられます。
 
建物の構造対策を考える場合、
建物の硬さや強度などの性能ばかりに目が行きがちですが
木造が本来持っている復元力のある柔軟な構造こそが大事になるそうです。
 
地盤対策と木造の柔軟な構造、
意外と知られていない構造のポイントを学ぶことができました。
このポイントを、今後の設計にもしっかりと活かしていきたいと思います。
 
 
 
 
 

ヘリテージマネージャー養成講座3

 
 
HM養成講座、
土曜日は下関にて近代建築を中心に、歴史遺産について学びました。
 
戦前、海陸交通の要衝として発展した下関には多くの近代建築が建設され、
戦災を免れた建物が今も下関のまちに色どりを与えています。
 
 
 
 
 
こちらは田中絹代ぶんか館。
1934年、旧逓信省下関電信局電話課庁舎として建てられた建物です。
老朽化による解体の危機を市民の保存運動により乗り越え、再生されています。
 
分離派といわれる建築スタイルで
特徴的なパラボラアーチの屋根が当時の逓信省の建築スタイルをよく表しています。
 
 
 
 
 
古典的な柱は庇を貫いて、頂部は切りっぱなしのままに!
理屈を超えた前衛的な表現がとても刺激的です。
 
 
 
 
 
 
それにしてもこの柱、圧倒的なの存在感です。
必要な強度を超えるプロポーションが、デザインの意思を強く表しています。
 
 
 
 
 
 
 
ルネサンス様式の旧下関英国領事館。
保存改修され、現在は市民ギャラリーやカフェレストランとして
市民の拠り所となっています。
 
 
 
 
 
 
そのすぐ近くには、下関南部町郵便局庁舎(左)と旧秋田商会ビル(右)が並んでいます。
 
 
 
 
 
特にこの旧秋田商会ビルはその様式もさることながら
ビルの屋上に緑化された庭園を持っているところが秀逸です。
 
 
 
 
 
1階のホールは洋風スタイル。
柱や梁に施されたモールディング、照明器具など
どれも高いクオリティでデザインされています。
 
 
 
 
 
2、3階は一転して和風のスタイル。
洋館のなかに和の空間が入れ子になった構成が時代の独自性を表します。
 
 
 
 
 
そして屋上には茶室のような座敷が建てられた回遊式庭園、
その時代のユートピアを想像させてくれます。
 
 
 
 
 
左には池もあり、右手のダムウェーター(コンクリートのボックス)で
下階から料理などを運び、特上庭園がサロンのように使われたようです。
 
和洋の混交のみならず、クライアントの創意や文化センスがあふれていて
時代を経た現在も、その強度がこの建物の存在意義を大きく支えています。
 
 
 

ヘリテージマネージャー養成講座2

 
 
新旧の素材を組み合わせた欄間障子
萩市の歴史的景観地区に建つ久保田家住宅のものです。
 
保存修理に当たっては、できるだけ元の素材を生かしながら
朽ちた部分だけを新しい素材に取り替えています。
 
この場合、新しい材を古い材に合わせて着色するパターンと
古い材の生地仕上げを踏襲し、新しい材も生地のまま使うパターンがあります。
 
こちらは後者の例で、
新しい材は、例え当面は色が違ったとしても、
見た目より仕上げ方を受け継ぐことを大切にしています。
 
 
 
 
 
 
こちらは毛利家の菩提寺である大照院
重要文化財の保存修理が完了したばかりのものを見学、
葺き替えられた瓦屋根が優美ですばらしい。
 
 
 
 
一方、外部に露出する骨組みは古い材をそのまま使っています。
たとえ風化したとはいえ、現役で使える材は可能な限り残し、
変に補修したり、していません。
 
朽ちて取り替えられた雨戸の板との新旧のコンポジションが
歴史と時間の経過を感じさせてくれます。
 
 
 
 
こちらは飾り窓の枠
枠の一部だけ、新しい材に取り替えています。
それも、悪い箇所のみの最小限にとどめ、
残せるものは可能なかぎり元の材を残しています。
 
古い建物やその部材には、そこにしかない歴史と時間の経過が存在します。
それを真摯に受け止めて大切にすることが、実は新たな価値につながっていく、
そのことを実例を通して学ぶことのできた貴重な機会となりました。
 
 

ヘリテージマネージャー養成講座1

建築士会が主催するヘリテージマネージャー(HM)養成講座。
当事務所でも実践してきたリノベーションや再生、
まちづくりなどを強化する目的もあり、講座に参加しました。
 
HMとは、
地域に眠る歴史的建造物の価値を見出し、
保全活用をマネージメントする専門家のことを言います。
 
10回シリーズで県内の歴史的資産の視察や座学を通して、
HMとしての専門的知識と技術を習得していきます。
1回目のレポートは、萩市の歴史まちづくりについてです。
 
 
 
 
昨年オープンした明倫学舎。
幕末の藩校跡地につくられた明倫小学校の老朽化した校舎を改修、
萩の歴史資料を展示、情報発信する施設に生まれ変わりました。
講座では、構造補強など、技術的な改修のプロセスを学びました。
 
 
 
 
雨漏りしていた屋根も下地を補強して葺き替え。
赤い色の瓦はフランス瓦で、
当時から耐震性を考慮して、軽量化できるこの瓦を使ったそうです。
 
 
 
 
フランス瓦の実物。
復元が難しい瓦のため、現品を大切に再利用したそうです。
 
 
 
 
展示室の一部は、小屋裏の骨組みを現しにしています。
洋小屋のトラス部材はやや細みですが、
これも屋根の軽量化のおかげのようです。
 
 
 
 
こちらはイスカ継ぎという伝統技法で
天井の竿縁の継手に使われているものです。
 
今回の改修を通して見えてくるのは、
過去の姿を単にリフレッシュするだけではなく
その奥に潜んだ先人の知恵や技術を認知し、未来に受け継いでいくこと。
それは、
現代の建築やデザインが失ったスピリッツを改めて発見することでもあります。