ヘリテージマネージャー養成講座3

 
 
HM養成講座、
土曜日は下関にて近代建築を中心に、歴史遺産について学びました。
 
戦前、海陸交通の要衝として発展した下関には多くの近代建築が建設され、
戦災を免れた建物が今も下関のまちに色どりを与えています。
 
 
 
 
 
こちらは田中絹代ぶんか館。
1934年、旧逓信省下関電信局電話課庁舎として建てられた建物です。
老朽化による解体の危機を市民の保存運動により乗り越え、再生されています。
 
分離派といわれる建築スタイルで
特徴的なパラボラアーチの屋根が当時の逓信省の建築スタイルをよく表しています。
 
 
 
 
 
古典的な柱は庇を貫いて、頂部は切りっぱなしのままに!
理屈を超えた前衛的な表現がとても刺激的です。
 
 
 
 
 
 
それにしてもこの柱、圧倒的なの存在感です。
必要な強度を超えるプロポーションが、デザインの意思を強く表しています。
 
 
 
 
 
 
 
ルネサンス様式の旧下関英国領事館。
保存改修され、現在は市民ギャラリーやカフェレストランとして
市民の拠り所となっています。
 
 
 
 
 
 
そのすぐ近くには、下関南部町郵便局庁舎(左)と旧秋田商会ビル(右)が並んでいます。
 
 
 
 
 
特にこの旧秋田商会ビルはその様式もさることながら
ビルの屋上に緑化された庭園を持っているところが秀逸です。
 
 
 
 
 
1階のホールは洋風スタイル。
柱や梁に施されたモールディング、照明器具など
どれも高いクオリティでデザインされています。
 
 
 
 
 
2、3階は一転して和風のスタイル。
洋館のなかに和の空間が入れ子になった構成が時代の独自性を表します。
 
 
 
 
 
そして屋上には茶室のような座敷が建てられた回遊式庭園、
その時代のユートピアを想像させてくれます。
 
 
 
 
 
左には池もあり、右手のダムウェーター(コンクリートのボックス)で
下階から料理などを運び、特上庭園がサロンのように使われたようです。
 
和洋の混交のみならず、クライアントの創意や文化センスがあふれていて
時代を経た現在も、その強度がこの建物の存在意義を大きく支えています。
 
 
 

ヘリテージマネージャー養成講座2

 
 
新旧の素材を組み合わせた欄間障子
萩市の歴史的景観地区に建つ久保田家住宅のものです。
 
保存修理に当たっては、できるだけ元の素材を生かしながら
朽ちた部分だけを新しい素材に取り替えています。
 
この場合、新しい材を古い材に合わせて着色するパターンと
古い材の生地仕上げを踏襲し、新しい材も生地のまま使うパターンがあります。
 
こちらは後者の例で、
新しい材は、例え当面は色が違ったとしても、
見た目より仕上げ方を受け継ぐことを大切にしています。
 
 
 
 
 
 
こちらは毛利家の菩提寺である大照院
重要文化財の保存修理が完了したばかりのものを見学、
葺き替えられた瓦屋根が優美ですばらしい。
 
 
 
 
一方、外部に露出する骨組みは古い材をそのまま使っています。
たとえ風化したとはいえ、現役で使える材は可能な限り残し、
変に補修したり、していません。
 
朽ちて取り替えられた雨戸の板との新旧のコンポジションが
歴史と時間の経過を感じさせてくれます。
 
 
 
 
こちらは飾り窓の枠
枠の一部だけ、新しい材に取り替えています。
それも、悪い箇所のみの最小限にとどめ、
残せるものは可能なかぎり元の材を残しています。
 
古い建物やその部材には、そこにしかない歴史と時間の経過が存在します。
それを真摯に受け止めて大切にすることが、実は新たな価値につながっていく、
そのことを実例を通して学ぶことのできた貴重な機会となりました。
 
 

ヘリテージマネージャー養成講座1

建築士会が主催するヘリテージマネージャー(HM)養成講座。
当事務所でも実践してきたリノベーションや再生、
まちづくりなどを強化する目的もあり、講座に参加しました。
 
HMとは、
地域に眠る歴史的建造物の価値を見出し、
保全活用をマネージメントする専門家のことを言います。
 
10回シリーズで県内の歴史的資産の視察や座学を通して、
HMとしての専門的知識と技術を習得していきます。
1回目のレポートは、萩市の歴史まちづくりについてです。
 
 
 
 
昨年オープンした明倫学舎。
幕末の藩校跡地につくられた明倫小学校の老朽化した校舎を改修、
萩の歴史資料を展示、情報発信する施設に生まれ変わりました。
講座では、構造補強など、技術的な改修のプロセスを学びました。
 
 
 
 
雨漏りしていた屋根も下地を補強して葺き替え。
赤い色の瓦はフランス瓦で、
当時から耐震性を考慮して、軽量化できるこの瓦を使ったそうです。
 
 
 
 
フランス瓦の実物。
復元が難しい瓦のため、現品を大切に再利用したそうです。
 
 
 
 
展示室の一部は、小屋裏の骨組みを現しにしています。
洋小屋のトラス部材はやや細みですが、
これも屋根の軽量化のおかげのようです。
 
 
 
 
こちらはイスカ継ぎという伝統技法で
天井の竿縁の継手に使われているものです。
 
今回の改修を通して見えてくるのは、
過去の姿を単にリフレッシュするだけではなく
その奥に潜んだ先人の知恵や技術を認知し、未来に受け継いでいくこと。
それは、
現代の建築やデザインが失ったスピリッツを改めて発見することでもあります。