相生町の家、家具設置

相生町の家のリフォームもかなり進んでいます。
内装下地に絡む造付家具の取付が行われました。
 
増築を重ねて明かりの回らなくなっていた家の真ん中部分を改修、
手前のワークルームと奥の洗面室を裏動線でつないで
南から北へ、家の中を光と風が回る間取りに変更。
 
さらに奥の洗面室には天窓を設けて、湿気対策にも気を配っています。
 
そして、
それぞれの部屋の寸法を調整して浮いたスペースに
収納や書棚を充実しています。
 
 
 
こちらはキッチン部分
 
北向きだったキッチンを対面式に改め
ダイニング側にはカウンターを兼ねた日用品などの収納を確保。
 
 
 
 
南庭に面する玄関ホール
 
もともとは和室の内縁だった部分ですが
動線的に不便だった北東隅の既存玄関をこちらに移し変え、
明るくゆったりとした空間に改めています。
 
 
 

相生の家、リフォーム開始

築40年を超えるとみられる中古住宅のリフォーム、
まずは改修部分を丁寧に解体し、スケルトンにしていきます。
 
今回のお題は、
東西2面の道路に接する敷地において、
車の乗り入れを考慮したアプローチと玄関の付け替え、
それに伴う平面構成の修正やキッチン、浴室のリフォームまでをカバーします。
 
工期は約5ヶ月、新築並みの長期戦です。