パティーナという方向

 

内藤さん、登場です。

 

DSC00525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年から始まる徳山駅周辺整備。

その中で、全体のとりまとめと設計を任されているのが

建築家の内藤廣さんです。

 

今回は、まちの再生に向けて

建築士会のために貴重な勉強会をしてくれました。

 

帰り際にヴィンテージジーンズの話をしたところ、

内藤さんから「パティーナ」というキーワードを頂きました。

 

パティーナとは、ラテン語で”経年変化の味わい”と訳されていますが

お寺や神社の苔むした表情などもパティーナと言えます。

 

これからのまちのエッセンスとして

このパティーナのように年月を重ねて愛着が増していくような

そんな奥深さをもつべきではないかと。

わたしも、強くそう思うのです。

 

2010.11.12 設計事務所 TIME

 

 

西郷の陣

 

 

西郷真理子さんのまちづくり講座。

 

DSC00501.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川越、長浜黒壁、高松丸亀町商店街など

数々の地方のまちを再生に導いたスーパーウーマン。

徳山に見参です。

 

周南にとって何ができるか、何をすべきか

有意義やレクチャーとなりました。

 

2010.10.22 設計事務所 TIME

 

まちあい徳山設立

 

ここのところ、ブログが停滞気味ですが

まちの再生の企画立案チームに絡んで、かなり寝不足気味の毎日です。

 

それでも、僅かな一歩を今日は踏み出しました。

我々チームの一員である商店街の若きホープ、

K村さんが代表となるまちづくり会社の設立です。

 

DSC00500.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳山の商店街の停滞はひどいものです。

でも、それを批判するのは簡単だけど、

まちを直そうと立ち上がるのは容易ではありません。

 

その汚れ役をあえて引き受けたK村さん、

我々は、同志としてこのまちの再生にどろどろになりながら

進んでいきますからねー!

 

2010.10.20 設計事務所 TIME

 

 

coffeeboyで

 

PH通りにあるコーヒーボーイ。

 

DSC00495.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計仲間のK村さん、書家のS本さんと夕方のひととき。

通りの雰囲気を心地よくするカフェテラスです。

 

「こんな雰囲気が大事よねえ」とはS本さん。

やはり、女性はよくわかっています。

 

地方のどこのまちも苦戦していますが

まちにとってこのカフェのような空間と時間がいかに重要か

そして、それがわかる女性の感性をいかに受け入れるか

それが大事です。

 

2010.10.14 設計事務所 TIME

 

 

もうひとつの幸せ

 

 

今日も、議論が熱い。

 

DSC00485.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいモノは必ずしも新しくない。

古いモノの方が新しくなることもある。

 

スクラップアンドビルドを続けてきたこの国で

それとは違うオルタナティブを模索しています。

 

それは、

今まで味わってきたのとは違う、もうひとつの幸せです。

2010.9.22 設計事務所 TIME

 

都会の杜

 

東京都千代田区丸の内3丁目。

 

 

DSC00473.JPG

 

 

都心の真ん中に杜があります。

1997年、バブルの残り香がただよう東京に出現した東京国際フォーラム。

 

あまりに肥大した大都会にとっては貧弱でも

人間のスケールにとっては有難い自然がここに育っています。

 

2010.9.3 設計事務所 TIME

 

 

 

 

進歩あり

 

ペニンシュラ東京のカフェテラス。

 

DSC00472.JPG 

 

 

 

日比谷から東京フォーラムへつづく道沿い、

石畳に広い歩道、よく手入れされた緑が心地よい空間をつくっています。

 

まさに、カフェテラスのためにあるようなこの場所です。

時に、

「雨の多い日本ではオープンカフェはできない」などという人がいます。

しかし、

この場所には、すでに3軒ものオープンカフェが発生しています。

 

文化は確実に進歩して

日本社会を豊かに潤そうとしています。

 

2010.9.2 設計事務所 TIME

 

 

アメリカ大都市の死と生

 

待望の本が、アマゾンから届きました。

 

DSC00457.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェーン・ジェイコブスの「アメリカ大都市の死と生」。

今回、待望の全訳版が出ました。

 

「用途の混合」

「小規模ブロック」

「古い建物の必要性」

「密集の必要性」 

 

彼女の唱える魅力的な都市の4条件、

これは、そのまま、これからの地方のまちのエッセンスとして

活かされるべきものとなるでしょう。

 

アメリカやヨーロッパでの実践に遅れること、40年。

経済成長を優先した日本にとって

まさにこれからというグッドタイミングです。

 

2010.7.30 設計事務所 TIME

 

量か、それとも質か

 

久々の投稿です。

(クリックすると拡大します)

 

DSC00448.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


周南のまちは量を増やしたら幸せか

それとも質が高くなったら豊かになるのか

それを問いたいと思っています。

 

まちづくりにご興味のある方はご一読ください。

 

2010.7.16 設計事務所 TIME

 

はなマルシェ・徳山

 

イベントのお知らせです。

 

DSC00436.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月3日(土)、新南陽で「はなマルシェ・徳山」が開催されます。

詳しくは、コチラ↓

http://www.hana-marche.info/

 

またひとつ、まちに新たな息吹が芽生えてきました。

 

ゆくゆくは、このマルシェがまちの中で開かれるよう

まちにゆとりのある受け皿ができることを期待します。

 

2010.7.1 設計事務所 TIME