週末連載 スイス・ドイツ51

 

 

DSC01682.JPG

 

 

建物の中で穴場といえる存在がトイレの空間。

最小の個人的空間でいかなる工夫が凝らされているか、いつも気になります。

 

写真はクール美術館のハンディキャップ用のトイレ。

床と壁に使われた黒い大理石、ステンレス鏡面の手すり、

便器や手洗いもモノトーンでまとめ、洗練された空間に仕立てています。

 

障害を持つ人も健常者も、どちらも尊厳をもって暮らせる社会が

このトイレのデザインに映し出されています。

 

2014.2.15 設計事務所 TIME