国立競技場はどこへ向かう?

 

DSC01636.jpg

 

 

2020年の東京オリンピックでメイン会場となる新国立競技場。

国際コンペで選ばれたのは、大胆な流線型が特徴のこのザハの案。

テレビのニュースでは規模や予算の見直しが話題になっていますが

建築界ではその巨大さによる景観への影響を危惧、

槇文彦氏の投稿から火がつき、丸の内論争以来となる景観騒動が沸き起こっています。

(槇文彦氏の投稿はこちら。)

http://www.jia.or.jp/resources/bulletins/000/034/0000034/file/bE2fOwgf.pdf

 

この騒動に対し、このたび、コンペの審査員だった内藤廣氏から意見投稿がありました。

(内藤廣氏の投稿はこちら)

http://www.naitoaa.co.jp/090701/top/forarchitects.pdf

 

内藤さんには周南市のまちづくりにもご尽力いただいており、

私もひと事とは思えず、今回の騒動の経緯を心配しておりました。

(私が心配しても仕方ないのですが・・・)

しかし、ここに示された骨太の意見を読んで少し安堵。

 

建築はある意味、平和の象徴。

狭い視野で醜い争いに陥らず、賢明で希望を感じる解を導いていただきたい。

 

2013.12.12 設計事務所 TIME