如庵の写し

 

扁額(へんがく)に書かれた文字は「如庵」。

 

DSC00614.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この茶室は、日本に3つしかない国宝の茶室のひとつ、

如庵の写しです。

 

茶室の作者、織田有楽斎は、織田信長の実の弟、

幾多の戦績もある一方、茶を極めた人物です。

 

実際の如庵の空間を忠実に再現したこの茶室、

普請を指揮した中村昌生氏は、

納得いくまで何度もつくり直したといいます。

 

この茶室は、単なるコピーとは言いがたいほど

人の心と汗の結晶によって作り出されました。

 

2011.3.29 設計事務所 TIME