無作為

 

プロフェッショナル、仕事の流儀佐藤卓、登場。

 

クールであついデザイン、

あっと驚くデザインではなくて、使う人の邪魔にならないもの。

 

“自分”を消す

デザインは主役じゃない

デザインなんか気がつかなくていい

 

彼の言動から生まれるのは、とても薄味で、脱色された表現。

これらは、「無作為」という日本が連綿と持ち続けてきた

独特の精神構造そのものです。

 

2010.11.30 設計事務所 TIME