建築の進化

 

 

和歌山県の田辺市で廃校になった校舎を住宅にコンバージョンしたという記事が

日経のレポートに出ています。

 

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20101022/543916/

 

計画では、

鉄筋コンクリート2階建ての校舎の2階部分にある8教室を居室に改修。

1つの教室をバス、トイレ付きの2DKへするというもの。

校庭には芝生を植え、地域の高齢者などへの使用を考えているそうです。

 

リノベーションコンバージョン、そして減築など

人口減少や環境重視の時代になって

建築のあり方がどんどん進化を見せています。

 

2010.11.1 設計事務所 TIME