アメリカ大都市の死と生

 

待望の本が、アマゾンから届きました。

 

DSC00457.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェーン・ジェイコブスの「アメリカ大都市の死と生」。

今回、待望の全訳版が出ました。

 

「用途の混合」

「小規模ブロック」

「古い建物の必要性」

「密集の必要性」 

 

彼女の唱える魅力的な都市の4条件、

これは、そのまま、これからの地方のまちのエッセンスとして

活かされるべきものとなるでしょう。

 

アメリカやヨーロッパでの実践に遅れること、40年。

経済成長を優先した日本にとって

まさにこれからというグッドタイミングです。

 

2010.7.30 設計事務所 TIME