アニメと日本

 

アニメは、源氏物語絵巻の現在形。

それとも、動く浮世絵?

 

DSC00460.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰ってテレビを付けたらアニメ映画をやってました。

アニメの表現はものすごくリアルになっているのに

絵巻や浮世絵と同様の位相がある。

 そう感じるあなたは、けっこうな日本人・・・。

 

キャラクターの表現には、「引目鉤鼻」と通ずる

省略や余白を見ることができます。

 

2010.8.6 設計事務所 TIME

 

週末連載~南フランスvol.159

 

窓一杯に緑。

 

DSC00459.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、ボニューのところで触れました

石造りの旧市街は人工的に作られたまち、

密集したまちなかには豊かな樹木は少ないのです。

 

その分、住民一人ひとりの思いやそこからくる努力が

まちを彩る重要な要素になっています。

 

2010.8.1 設計事務所 TIME

 

アメリカ大都市の死と生

 

待望の本が、アマゾンから届きました。

 

DSC00457.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェーン・ジェイコブスの「アメリカ大都市の死と生」。

今回、待望の全訳版が出ました。

 

「用途の混合」

「小規模ブロック」

「古い建物の必要性」

「密集の必要性」 

 

彼女の唱える魅力的な都市の4条件、

これは、そのまま、これからの地方のまちのエッセンスとして

活かされるべきものとなるでしょう。

 

アメリカやヨーロッパでの実践に遅れること、40年。

経済成長を優先した日本にとって

まさにこれからというグッドタイミングです。

 

2010.7.30 設計事務所 TIME

 

週末連載~南フランスvol.157

 

旧市街に顔を見せる教会のファサード。

 

DSC00456.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中世に形成された旧市街の中はまるで迷路のようです。

そんな中で、

この道だけは、真っすぐと教会に向かっています。

 

軸線を強調したこの建て方は

この教会がバロック様式であることを示しています。

 

様々な時代の建築様式がまち並みに深みを与えます。

 

2010.7.25 設計事務所 TIME

 

飛び石の妙

 

旧田中別邸の飛び石。

 

DSC00454.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


縁側から路地に一旦下りて、飛び石を渡って茶室に至る。

 

わずかな距離に、「下りる」と「渡る」という行為で変化をつけ

世界が変わることを印象付けています。

 

渡る部分の飛び石がまた個性豊かで

視覚と足裏の触覚がさらにシーンの展開を暗示します。

 

2010.7.23 設計事務所 TIME

 

 

軒下空間

 

豊かな軒下空間です。

 

DSC00453.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


旧田中別邸からもうひとつ。

夏の日差しと対照的な陰影のある軒下。

 

目を引くのは、大胆な形の手水鉢。

おおらかな軒下の空間をキリリと引き締めて

内と外の関係を強調しています。

 

2010.7.22 設計事務所 TIME