豊かな社会へ




DSC052408.jpg


築38年の木造住宅のリフォーム

こちらも解体工事が始まりました。
ご予算に応じて、主に1階を重点的に改修します。

構造は旧耐震基準のため、できる限りの壁補強を施し、
設備を更新し、終の住処を見据えての「住み心地」を高めていきます。

当事務所では、現在、新築と改修が概ね半々となっています。
ストックの時代に、どれだけ今あるもののクオリティを高めて
豊かな社会を生み出していけるか、挑戦がつづきます。