第1回打合せ、終了




DSC052154.jpg


中国のモデルハウス、現場。
基礎はすでに施工完了、来月末の棟上げを待っています。




DSC052155.jpg

家具や建具はこちらの工場でつくられます。
常に掃除が行き届いた清潔な工場です。



DSC052156.jpg


今回使われる木製サッシュの納まりを現地スタッフと打合せ。
日本のような雨仕舞いの意識はまだ根付いていないため
どのように雨の浸入を防ぐかを図面で確認。




DSC052157.jpg

サッシュ現物を持ち込み、納め方をみんなで共有。




DSC052158.jpg

造作家具もつくり方や注意点を確認。
実際に使用する金物も合わせて確認していきます。

今回の出張で、現場納まりと製作もののいくつかの擦り合わせが完了。
中国語もほんのちょっと覚えました(笑)
次回は、来月末、ひきつづき各種納まりの確認をしていく予定です。



工事打合せスタート





いつものようにものすごい数の住宅群が迎えてくれます。

今日から大連で工事の打合せが始まります。
中国の景気は今ひとつですが、
その分、未来への投資のチャンスでもあります。

我々は木造住宅でそこへ分け入ります。

2015.6.26






屋根下地について




DSC052152.jpg


屋根仕上前の確認

右手にトップライト、左手には薪ストーブの煙突、
それぞれルーフィングという防水シートを重ねて防水処理がされています。

棟の部分にみえる白いシートの下にはスリットが切ってあり
屋根裏の熱気を外に逃がす仕組みになっています。

何気ない風景@御幸通り




DSC052148.jpg


まるで森のよう・・・

建築士会の社会貢献活動でまちの景観調査を実施、
今回は御幸通りの西側です。

通りには背の高いビルが並んでいますが
振り向くとものすごく旺盛な緑があります。

かならずしも手入れが行き届いているとは言いがたいですが(笑)
戦後復興から積み重ねたこの通りへの市民意識がここにあります。