夏の沖縄25

 

 

DSC01779.JPG

 

 

珊瑚の石垣。

自然の形を残しながらも、隙間なく石を積み上げています。

効率とか生産性とは別の価値がここにあります。

職人の蓄積した技術と経験、仕事に対する真摯な姿勢、

そして執念のようなものまでここには詰まっているような気がします。

 

2014.5.23 設計事務所 TIME

雑誌掲載

 

 

DSC01776.JPG

 

 

三井不動産レジデンシャルの月刊会員誌「こんにちは」に

カピン・コーヒーのご自宅とお店が掲載されました。

 

 

DSC01777.JPG

 

 

巻頭の6ページ見開きでご自宅やお店とともに

ご夫婦のコーヒーへのこだわりについてもしっかり語られています。

 

DSC01778.JPG

 

カピン・コーヒーさんから送られてきた雑誌とともにコーヒーも。

いつもながらのお心配りに改めて感謝!

 

2014.5.29 設計事務所 TIME

 

色サンプル検討

 

 

DSC01775.JPG

 

 

ナラのフローリングにウレタン塗料の艶消しで着色したところ。

中国のモデルハウスのため、自然な風合いを生かした空間に似合う色を検討中。

10種類以上のサンプルを作ってもらい、その中から選んだのがこの4色。

このサンプルをもとに最終的な色を決めていきます。

 

2014.5.28 設計事務所 TIME

何気ない風景か・・・

 

DSC01773.JPG

 

 

弧を描いた形が重なりながら連続、

竹を使った柵でしょうか・・・?

 

これを見て、自然と人為の掛け算とか、素材の時間的循環とか

様々なことが読むことができる。

 

しかし、勉強不足のため、そもそもの機能がわからない。

本当に柵なのかどうか。でも、わざわざこんなところに登る奴がいるのか?

わからないけれど、なんとも曖昧な存在感(?)に心が動く。

 

2014.5.27 設計事務所 TIME

夏の沖縄24

 

 

DSC01771.JPG

 

 

北中城ICを下りて住宅街しばらく走った先にある中村家住宅。

18世紀中期の住宅建築で国の重要文化財にも指定されています。

 

敷地のアプローチは珊瑚の石塀のみで構成されたミニマルなもの。

石組みの出隅部分が切り揃えられて、その精緻さを際立たせます。

 

2014.5.23 設計事務所 TIME

 

 

伊勢・京都視察14

 

 

DSC01770.JPG

 

 

伊勢神宮の外宮。

手前に太鼓橋、玉砂利の道の先に鳥居が見えます。

太鼓を渡って鳥居をくぐることで特別な場に行くことが暗示されてはいますが

その先は森の中に消え行く闇のようで、なんとも曖昧です。

西洋のように宮殿や教会の正面を堂々と見せるのとは真逆の演出、

ここにこそ日本人のセンスを感じるのです。

 

2014.5.22 設計事務所 TIME