本当の木造を知っていますか?

 

土曜日に阿知須の北方八幡宮を見学しました。

現在、修復工事中の木造建築物です。

 

DSC00393.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


鳥居の奥に見えるのが修復中の楼門、

ヘルメットを被って腕組みしているのが今回、工事を担当する 「親分」。

 

 

楼門は、やや頭でっかちですが、なかなかの威容。

 

DSC00394.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、頭でっかちのせいか(?)だいぶ傾いてます。

現在、足元をジャッキアップしているところ。

 

DSC00395.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、特別に上がらせてもらった2層部分。

 

DSC00396.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代の建物らしいですが、屋根の重みで下がってきています。

 

DSC00398.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、

その隙間から木組みの仕組が見て取れます。

斗供と言われる組物を間近でチェック。

 

DSC00399.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木と木を組み合わせながら複雑な形をつくっています。

 

DSC00400.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い年月、風雨にさらされ、骨組みは歪んでいますが

それでもある程度の修復は可能です。

 

こちらは、楼門の奥にある拝殿と本殿。

楼門にも増して、優美な姿です。

 

DSC00401.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木と木を巧みに組み合わせた日本伝統の技に

木造の本当の姿を垣間見たような気がします。

 

2010.5.31 設計事務所 TIME

 

週末連載~南フランスvol.141

 

買い物帰りの路地。

 

DSC00392.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のどかな市場にのどかなまち。

 

日本の地方のように、

車社会だからといってまちの中まで車中心にしたら

こんな人間的な場所はできません。

 

フランス人だって車は必要、だけどまちは人間のもの。

その理性と市民のコンセンサスが豊かなまちをつくります。

 

2010.5.30 設計事務所 TIME

 

さらに育て

 

今宵も再び、サンルートでのコンサート。

 

DSC00390.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにしかない場所を目指してデザインされたこのチャペルは

御木マドカさんに見出され、設計者の手を離れて

人々の共感を得る場所へとさらに育ってくれそうです。

 

2010.5.29 設計事務所 TIME

 

今年もまた

 

ホテルサンルート徳山でのチャペルコンサート

 

DSC00389.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二年ぶりのコンサートは、今回、御木まどかさんに

防府出身の田中雅弘さんのチェロ、防府在住の喜多村裕美さんを加えて

パワーアップ。

 

瀬戸内海をバックに、今宵も豊かな時間が流れました。

 

2010.5.27 設計事務所 TIME

 

何気ない風景@谷中 その21

 

再び、谷中のまちから。

 

DSC00387.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートの柱と電線はとかく風景を邪魔します。

この都市構造物は、一方で生活の近代化の証でもあります。

 

機能以上になんの衒いもない姿はどこかコンビナートに似ています。

フェチで括ってもよいのでしょうが

利休のように敢えて侘びの世界に引き入れても面白うそうで。

 

2010.5.25 設計事務所 TIME

 

週末連載~南フランスvol.139

 

アンティーブのマルシェ。

 

DSC00386.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさん、大きなお腹を出してるし・・・。

 

なんとものどかな雰囲気は日本の地方となんら変わらない。

でも、それだけじゃなくて

のどかな中にも暮らしの息吹がちゃんと存在しています。

 

2010.5.23 設計事務所 TIME

 

小野田の家、棟上げへ

 

木組みの家、棟上げです。

 

DSC00384.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お住まいになるご高齢のお母さんに合わせて、

昔ながらの素朴な木組みの家です。

 

最近は、プレカットという工場加工が多いけど

ここでは手加工にこだわってすべて大工さんに刻んでもらってます。

 

 

DSC00385.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱と梁の仕口もきっちり納めてます。

「小野田の大工は荒っぽいぞ~」とは、施主さんの弁、

半信半疑でしたが、この大工さん、なかなか器用です。

 

柱も梁も柔かい杉ですが、丁寧に扱って組んでくれてます。

(ちなみに柱は吉野杉の六寸角)

 

明日、屋根仕舞をして、いよいよ上棟です。

 

2010.5.21 設計事務所 TIME

 

映画「めがね」


 

荻上直美監督の映画「めがね」


 

DSC00383.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



かもめ食堂」の空気感にさらに与論島の自然が加わり

こころに風が吹き抜けるような清涼感が残ります。

 

「この島には何もないからいいのかな~」

映画の中で主人公のタエコとヨモギが話していました。

 

あふれる情報、モノ、過密なまち、

現代都市には、窒息しそうなほどあらゆるものが詰まっています。

余計な知識、欲望、しがらみを捨て去れば

すっきりさっぱりと生きられるのでしょうにね。

 

静かな南の島には、

こころの底から人を自由にしてくれる、おおらかな力がありそうです。

 

2010.5.19 設計事務所 TIME