週末連載 台湾31

2ヶ月ぶりの更新ですが
改めて台北のまちからのレポートを続けます。
 
この日の朝は、雙連朝市近くの「世紀豆漿大王」をめざして歩く。
と、晴れていた空が一転、暗くなりスコールのような雨。(午前7時過ぎ)
 
 
 
 
 
台湾の雨季はとにかく雨が多い。
それでも、以前にも触れたビルの1階の連続した通路があるために
雨に降られてもそんなに困らない。
 
この軒下通路、あれから色々調べたところ、「亭子脚」というもので
もともと東南アジアに文化的背景をもつ構造物で
それを日本の植民地時代に都市の構造として体系化したものだそうです。
 
アジアの伝統文化と日本の持ち込んだ近代思想がうまく溶け合い
いまでは、台湾のまちの「当たり前の風景」となっています。
 
 

週末連載 台湾30

台中にある茶藝館、無為草堂
 
台中市の市街地に立つ、比較的大きな敷地をもつ茶藝館です。
近代的なビルが立ち並ぶ中にある伝統的な佇まい、
門をくぐると、まるで異次元へいざなわれるようです。
 
 
 
 
受付を抜けると敷地の真ん中に池が広がっています。
そのまわりに回廊がめぐり、いくつもの個室が点在しています。
 
 
 
 
日本建築に比べるとやや大味な作りですが
それでも、池と緑の自然、その自然へと開かれた開放的な空間作り、
南国の気候も相まって、とてもくつろげる、気持ちのいい雰囲気です。
 
 
 
 
私が通されたのはこちらの離れ。
そばには小さなせせらぎが設えてあり、絶えず水の音を感じることができます。
 
 
 
 
昼時にはランチメニューがあり、
この日は鴨肉をローストした料理をいただきました。
 
 
 
 
そして、食後に中国茶をいただきます。
このお店でも最初は店員が中国茶の所作を一通り行ってくれます。
開放的な雰囲気の中、あたりにお茶のいい香りが広がります。
 
 
 
 
日本の茶道もそうですが
お茶は、それをいただく時間とともに、その空間がとても重要です。
 
台中のこのお店は、南国らしい空間作りで
簡素な佇まいの緊張感というよりも、おおらかさが勝っています。
 
そして興味深いことに
日本とはニュアンスの違う「市中の閑居」が体現されており
異国情緒も手伝って、快い時間を味わうことができました。
 
 
 

週末連載 台湾29

台北駅の切符売り場
 
台中にある茶藝館を探訪するため、台北駅へ
台湾の新幹線チケットは事前にインターネットで予約できるので
面倒な会話を省略し、チケットを受け取ることができます。
 
 
 
 
台湾の高速鉄道
鉄道駅や車両、運行システムには日本の技術が貢献していています。
 
車両の色合いに日本との違いが現れていますが
車内の内装やシート、放送のスタイルもほとんど日本と同じです。
 
こんなところにも日本との親和性を感じながら
台北から1時間ほどのショートトリップです。
 
 
 
 

 

 

週末連載 台湾28

まもなくレースのスタートか?
 
いや、そうではなくて、とある朝の通勤風景です。
手前で右手を上げて合図をしているのは交通誘導員、
一応信号機はあるのですが、ここでは手動で誘導しています。
 
 
 
 
さあ、一斉にスタート!
 
いや、あくまで通勤風景なんですけど
どう見てもバイクレース、先を争って疾走していきます。
 
日本と変わらない穏やかで整然とした朝の風景が一転、
日本にはないダイナミックな空気がみなぎる瞬間です。
 
 

 

週末連載 台湾27

夜のとばりに怪しく光る牌坊(中国様式の門)
台北の最も古い町、萬華地区にある貴陽街の入口です。
 
この先にある華西街夜市を目指してホテルから歩いてきましたが
あたりはすっかり暗くなって少々心細くなりますが、
まるで「千と千尋の神隠し」の世界に引き込まれるように奥へと進みます。
 
 
 
 
門をくぐってすぐのところにある艋舺青山宮
こちらも台北では歴史のある道教の寺院、
夜遅くまで開放されていて、まるで祭りの縁日のような雰囲気です。
 
 
 
 
再びうす暗い道を進むと見えてきた「華西街夜市」の看板
さらにその先にも明かりのついた門が見えます。
 
暗さのなかに浮かび上がるまちは、まるでチャイニーズマジック、
なぜか奥へ奥へ引き込まれてしまう、
夢の中に迷い込んでしまったような不思議な時空間です。
 
 
 
 
ここまでくるとようやく人の賑わいが感じられます。
この先はアーケードになっていて、迷宮の核心に近づいてきた感じがします。
 
 
 
 
大通りをはさんでさらに奥へつづく夜市
 
 
 
アーケードを抜け、さらにつづく夜市
こちらには服や雑貨、土産物などがあふれていて
さっきの薄暗い静けさが嘘のような賑わいです。
 
 
 
 
歩き疲れて腹が空いたところで一服することに
屋台も盛況です。
 
 
 
 
今宵の食事、台湾ビールとともに
このままこの迷宮で陶酔していくのでした。
 
 
 

週末連載 台湾26

 

台北の地下鉄MRT、台大醫院駅
 
駅のホームは改札のフロアの一つ下、
改札からまっすぐ進んでエスカレーターを降りていきます。
 
空間的には、改札の階とつながる吹抜けになっていて
地下鉄のもつ圧迫感がなく、地下なのにとても開放的です。
 
 
 
 
ホームには危険防止のホームドアが完備され、デザインもとてもスマート。
安全とデザインを上手にバランスさせています。
 
ある意味、日本をお手本に成長してきたアジアの国々、
様々なところに日本が手本にしたいような「快さ」を生み出しています。
 

 

週末連載 台湾25

 

永康街の繁華街を抜けた路地裏、
落ち着いた佇まいの中に、さりげなく家々の緑が潤いをつくっています。

 

 

門前を彩る植栽
 
南フランスでもそうでしたが、
家々がその個性を示しながら街並みと関わっています。

 

 

以前に触れた集合住宅のバルコニー
こちらも、格子と緑が優しい風景を作っています。
 

物干し場と化した日本のマンションにはない、公共のスピリットを感じる風景です。

 

2017.1.14 設計事務所 TIME

 

週末連載 台湾24

 
 
DSC052612.jpg
 
住宅街にひっそりと佇むカフェ
 
 
あせたモルタルのベンチ、スチールサッシュのガラス張り、
さりげなくもほどよいアクセントになっている照明、
この店は間違いない!
 
ということでこちらでコーヒーブレイク。
 
 
 
 
 
DSC052613.jpeg
 
 
コンクリートの土間に亜鉛メッキ状の模様を描く壁、
テーブルや椅子も風化していくテイストを生かし
オーナーのこだわりが首尾一貫しています。
 
こういう店のコーヒーは基本的にうまいのです。
 
ソウルのカフェでもそうでしたが、
日本以上に若いオーナーたちの感性が生き生きと表現されています。
 
まちの老化が止まらない日本にとってのヒントにもなる
若い文化の力が台北のまちに刺激を与えています。
 
 

 

 

週末連載 台湾23

 
 
 
 
DSC052605.jpg
 
集合住宅のバルコニー群
 
バルコニーは建物からはね出して取付けられ
世帯ごとにさまざまなデザインが見られます。
 
構造といい、デザインの多様性といい、
居住者が入居後に自己負担で設置しているものと考えられます。
 
日本のマンションとは違い、
バルコニーの機能、デザインにより自由度があると言えそうです。
(安全性の担保にはやや心配はありますが・・・)
 
 
 
 
 
 
DSC052607 .jpg
 
こちらのバルコニーは菱格子の柱にアーチで南国風
 
 
 
 
 
 
DSC052606.jpg
 
こちらにも同じデザインが。
 
軽快な金属フレームを素材に使うところは共通ですが
世帯ごとにデザインにさまざまな工夫が見られます。
 
結果として、
さりげなく多様なファサードがまち並みを彩ることになり
日本の金太郎飴のようなマンション風景とは違う楽しさが現れています。
 
 

週末連載 台湾22

 
 
 
 
DSC052594.jpg
 
永康街、集合住宅のファサード
 
ほとんどのバルコニーにびっしりと格子がついて、まるで監獄のようです。
しかし、格子の一つ一つは仕様もデザインも違うので
どうも入居者それぞれが自分で注文してつけているようです。
 
それにしても、この格子の目的は一体何なのか、
落下防止、それとも鳩よけ、荒手の強盗から身を守る防犯のため・・・?
 
残念ながら今回の視察ではその理由を突き止めることができませんでしたが
どの家にもついていることを考えると、台湾ならではの理由がありそうです。