漂白作用

 

 

DSC00980.JPG

 

 

何気ない天井の景色は、

先日訪れた高松の飛雲閣、厨房の天井です。

昔ながらの棹縁天井なんですが

戦後に進駐軍が駐留した時に白く塗られてしまったそうです。

この漂白作用が、意外にも多重かつ軽快な表情を生み出しています。

 

2012.12.6 設計事務所 TIME