大神の家2

category:  house
location:   山口県周南市
site area:  153m²
floor area:   84m²
completion: 2022.3

住まいは暮らし方を限定するものではなく、住まう人同士がその時々の気分に応じてより自由に使いこなせる場でありたい。なにより、暮らしを楽しむ場でありたい。そんな思いを25坪の小住宅に込めた。

川に接する敷地に建つ小さな家は、川向こうの棚田の風景に大きく開いて、広がりを獲得している。
家の中は1,2階を吹抜けでつないだワンルームの単純な空間で、水回り以外は部屋を仕切る壁や建具はなく、必要に応じてカーテンで仕切るだけ。家族の距離感をより強く感じる空間構成である。それぞれの場所は、できるだけ自由に使えるよう機能を特定せず、かわりに広さや高さを変えて場の個性のみをもたせている。そのため、あらゆる場がリビングであり、遊び場であり、寝室にもなりうる。リバーシブルのような多様な住まい方ができるのがこの家の特徴である。

便利な世の中は個で暮らすことを可能にするが、この家は小さな社会と見立て、つながることで生じる経験を重視した。一方で、それぞれの場での過ごし方は限定しない。中央の吹抜けが余白となり、家全体が広場や公園のように、一人でもみんなでも居心地よく過ごせるような柔軟性をもたせている。

吹抜けのアスレチックネットは、大きなハンモックとして子供の楽しい遊び場やくつろぎの場を提供し、この家の記憶を深く刻む場所になるだろう。小さくも大らかなで、くらしを楽しむこの家で、子供も大人ものびのびと暮らし、家族で過ごす時間をたくさん積み重ねてほしいと願っている。