書と結び展

 

長府毛利邸の書と結び展

 

DSC00705.JPG

 

 

書の坂本先生から展覧会のお知らせが届きました。

旧暦の七夕に日本古来からつづく文化の宴が見られます。

長府毛利邸のしっとりとした雰囲気の中、

優雅なひとときが味わえそうです。

 

長府毛利邸 書と結び展 -七夕の室礼ー

2011年8月5日(金)~8日(月)

 

2011.7.15 設計事務所 TIME

 

湿り気のあるデザイン

 

内田剛一さんの本。

DSC00693.jpg

 

as it isで行なわれている内田さんのコレクション展。

made in japan と題された今回のコレクションには

どことなく西洋のものとは違う、湿り気が漂っています。

 

谷崎潤一郎が「陰影礼賛」のなかで万年筆の話をしています。

もし日本人がこれを先に発明していたら

今日の思想や文化が大きく変わっていただろうと。

 

アジアが元気なこれからの時代、

デザインの主流が少しずつ変わろうとしているのかもしれません。

 

2011.7.1 設計事務所 TIME

ルーシー・リーを見る

 

ルーシー・リーの展覧会。

 

DSC00690.JPG

 

 

会期末ギリギリでしたが、多くの方が訪れていました。

 

分離派バーナード・リーチ、そしてハンス・コパー

時の逸材に刺激を得ながら

作品はらせん状に進化し、成熟していきました。

 

この白い皿は、その白眉です。

勉強になりました。

 

2011.6.28 設計事務所 TIME

木工作家からの便り

 

山口和宏さんの個展。(写真は山口さんのブログから拝借)

 

DSC00682.jpg

 

 

木工作家の知り合いからはがきが届きました。

シンプルなデザインの中に、木のぬくもりを感じさせる

温かい作品は、山口さんの人柄が滲み出したようです。

今度、東京のギャラリー、夏椿で個展が行なわれるそうです。

 

それから、ホームページをつくったそうで、早速アクセス。

http://mokkousyo.jp/

 

今度、木工所にも遊びに行こうと思います。

 

2011.6.24 設計事務所 TIME

 

周南映画祭2010

 

今年も映画でまちが盛り上がります。

 

DSC00516.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月に入りました。

今年も徳山の商店街で周南映画祭が行われます。

こだわりの映画が1本、1000円(2本なら1500円!)

さらに、3日間フリーパスなら3500円で映画三昧です。

詳しい情報はコチラをどうぞ。

http://shunan.eiga.gr.jp/2010/

 

竜馬伝の脚本を手がけた福田靖さん、

俳優の石橋凌さんなどゲストも充実です。

 

読書の秋と共に、映画の秋もぜひどうぞ。

 

2010.11.2 設計事務所 TIME

 

直島の味

 

 

コシのある讃岐うどん。

 

DSC00505.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直島に来たらやはりここでしょうか。

カウンターの向こうで、今、まさに手打ちされた麺が茹でられて、

おいしいうどんに変身します。

知る人ぞ知るうどん屋、山本うどん店です。

 

2010.10.27 設計事務所 TIME

 

 

 

 

李禹煥美術館

 

 

空を突き刺すように立つコンクリートの柱。

 

DSC00504.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国の世界的なアーティスト、李禹煥(リーウーファン)の作品です。

彼の作品を永久展示する美術館が、直島に新しくできました。

石と鉄、その素材の持つ力を極限まで高めた精神性が

なかなか良いです。

 

建築は、この島、5作目にになる安藤忠雄さん。

こういう小粒のアート建築はさすがにウマい。

 

2010.10.26 設計事務所 TIME

 

映画「めがね」


 

荻上直美監督の映画「めがね」


 

DSC00383.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



かもめ食堂」の空気感にさらに与論島の自然が加わり

こころに風が吹き抜けるような清涼感が残ります。

 

「この島には何もないからいいのかな~」

映画の中で主人公のタエコとヨモギが話していました。

 

あふれる情報、モノ、過密なまち、

現代都市には、窒息しそうなほどあらゆるものが詰まっています。

余計な知識、欲望、しがらみを捨て去れば

すっきりさっぱりと生きられるのでしょうにね。

 

静かな南の島には、

こころの底から人を自由にしてくれる、おおらかな力がありそうです。

 

2010.5.19 設計事務所 TIME