岡山芸術交流1

 
 
 
 
DSC052571.jpg
 
週末、岡山に行ってきました。
 
今回の目的は、ずばり現代アート。
直島を中心にした瀬戸内国際芸術祭など、
最近中国地方に芽吹き始めたアートな息吹が岡山にも広がりを見せています。
 
岡山市でも、10/9 〜11/27まで現代アートの交流イベントが開催されました。
岡山城や後楽園のある旧城下町エリアの屋外や美術館、学校跡などに
16カ国、31組のアーティストによる作品が点在しています。
 
 
 
 
DSC052572.jpg
 
最初に訪れたオリエント美術館、
ロバート・バリーによるインスタレーション「Wire sculpture with ring」
吹き抜け空間の中空に小さなリングが3本のワイヤーで固定されています。
 
最高裁判所の設計で知られる岡田信一郎による吹き抜け空間、
その重厚で強い空間に比べると取るに足らないほどの弱々しいの存在ですが、
空間の重心を捉えて、目には見えない秩序と間を生み出しているようにも感じます。
 
 
 
 
DSC052573.jpg
 
ホセ・レオン・セリーヨの 「Place occupied by zero」
 
中間一貫校だった旧後楽園天神校舎跡の教室を使ったインスタレーション
既存空間にはまったく手を加えず、その生々しい空間の秩序と質感の中に
無関係のディメンションがダイレクトに挿入されるという大胆な構成。
 
既成の空間とのコントラストがとても鮮やかで、
リアルな場の概念に生まれる揺らぎが興味深い。
 
 
 
 
DSC052574.jpg
 
リアム・ギリックによる 「Development」
 
学校の校庭に現れたパターゴルフ場!
実際にゴルフをすることができる体験型のアートです。
 
グラフィックにレイアウトされたコースには傾斜や曲がりなどがあって意外と集中、
自然とアートの世界にのめり込んでしまいました。
 
 
 
 
DSC052575.jpg
 
下道基行の「14歳と世界の境」
空き家になった教室に作品がダイレクトに置かれています。
 
美術館のホワイトボックスとは違い、窓の外に岡山の街が広がるリアルな場と
アートがダイレクトにつながって生み出されるスリリングな空間です。
 
 
 
DSC052576.jpg
 
渡り廊下の窓ガラスに書かれた文章
 
ここでも既存の校舎とアート作品がダイレクトに並置されて
ものすごくリアルで刺激的な空間が現れています。
 
ビジュアル的にも、窓越しに見える街と青空、
そこに重なるグラフィックの文字が生み出す世界がとても美しい。
 
日常の建築が失いかけているパワーや概念を呼び起こしてくれるこのイベント、
刺激的な体験を引き続きレポートしていきます。
 
 
 
 
 

平凡と非凡

 

 

DSC01045.JPG

 

 

漆黒の中からにじむ淡いツヤめき。

濱中史朗さんの大屋窯でピックアップしたブラックレザーの器です。

適度にゆがんだ渦巻き模様がそのまま形に現れて

平凡と非凡の境が薄まったところが好感です。

 

2013.5.6 設計事務所 TIME

 

鹿野散歩

 

 

DSC01005.JPG

 

 

砂紋が広がるその中心に渦巻くように刺さる石組み。

まるで、遠心運動を続けているような動きのある表現は

重森三玲の作です。

鹿野の漢陽寺にはこの他にも三玲による作庭が残っており

見ごたえのあるパワースポットになっています。

 

2013.2.6 設計事務所 TIME

祈りの場

 

 

DSC00993.JPG

 

 

京都造形芸術大学で行なわれているインスタレーション、

「18800 pieces 2012.6.13」

周南市の道の駅の設計も手がけられている内藤廣氏による作品です。

東日本大震災で亡くなられた方と行方不明の方の数である18800の数を

ガラスピースのモザイクで表現しています。

外光にうっすらと光るガラスが作り出す時空間は

まさに祈りの場としての静謐さを持っていました。

 

2013.1.16 設計事務所 TIME

 

 

再び高松

 

 

DSC00975.JPG

 

 

連休に高松の瀬戸内生活工芸祭へ。

ぐずついた天気にもかかわらず、大変な盛況ぶり。

2日間を通じて、アートや工芸、雑貨、

そしてゆったりとした時間を堪能です。

 

2012.11.26 設計事務所 TIME

アーキテイルズ展

 

 

DSC00953.JPG

 

 

山口の旧市街地で行なわれているアーキテイルズ展。

材木屋の倉庫と現代アートが一体化したような空間です。

右側のノッポの男性がアーティストの笹原晃平さん。

ひさしぶりに頭の中がスカッとする表現のできる人に出会いました。

 

アーキテイルズ展は10月7日まで

http://www.doafront.org/news.php

 

2012.10.2 設計事務所 TIME

 

 


 

和の思想

 

 

DSC00950.jpg

 

 

書の坂本先生から教えていただいた

長谷川櫂氏の著書、和の思想

いわゆる「和風」と「和」の違いをわかりやすく説いています。

 

日本という特徴は、なにも畳や着物、和食にあるのではなく

モダンな今の暮らしの隅々に存在する。

吸収力旺盛な「混ぜる国」日本の本質をついています。

 

2012.9.25 設計事務所 TIME

細川家の至宝

 

 

DSC00841.jpg

 

 

縁あって、九州国立博物館の展覧会に行ってきました。

鎌倉時代までたどる歴史を持つ細川家が収蔵する

まさに珠玉の美術品の数々。

改めて日本がもつ純粋で精緻な美的感性を堪能しました。

 

2012.2.27 設計事務所 TIME