版築壁と薪ストーブ、そしてモルタル

臼杵の家、中庭の版築壁は型枠が解体されて
仕上がった壁が現れました。
 
まるで地層がそのまま現れたような壁は
土のリアルな素材感を持ちながら、抽象的なアートのようにも見えます。
 
とても存在感があるのに、不思議と静けさが漂う壁を前にすると
何か、心が穏やかになる感じがします。
 
 
 
 
 
室内には薪ストーブが据えられ
奥に見えるヴィンテージのカウンターとともに
この空間の濃度が一気に高まってきました。
 
 
 
 
 
 
水回りの空間は洗面台も含めてモルタル仕上げ
やや大きさを絞った窓からの光を受けて
陰影の深い表情がなかなか渋いです。
 
 
 
 
 
 
リビングのミニキッチンもモルタル仕上げ
職人さんが丁寧に仕上げてくれています。
 
こちらも軒が深く、抑制された光の中で
モルタルの質感が引き立っています。
 
 

版築壁工事その他

臼杵の家で版築壁の工事が始まりました。
まず、コンクリート基礎の上に型枠を建て込んでいきます。
 
 
 
 
 
 
真砂土にセメントと顔料を加えて攪拌。
水を加えながら最適の粘度に調合していきます。
 
 
 
 
 
 
攪拌された土は結構粗めで水気があまりないように見えますが
手でギュッと握って水分が染み出すくらいの粘度が最適なんだそうです。
 
 
 
 
 
 
顔料は4色あって少しずつ濃さが違うそうです。
これらを各層ごとに変えることで地層のような独特の表情が現れます。
 
ちなみに、どんな順番の組合せにするのか聞いたところ
返ってきた答えは、適当!(笑)
 
 もちろん、頭の中にはイメージがあるのでしょうが
経験からくる直感が一番間違いないのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
攪拌された材料は粒の粗さもいろいろで
これによって自然な表情が生まれます。
 
 
 
 
 
 
 
材料を型枠の中に流し込んで、上から突いていきます。
 
 
 
 
 
 
型枠1段目をある程度突き終わったところで鉄筋を継ぎ足し
2段目の型枠を建て込んでいきます。
 
 
 
 
 
 
室内ではキッチンのステンレス天板の取付が進行中。
 
 
 
 
 
 
ヴィンテージの家具も準備が整ったところで定位置に据え付けです。
 
 
 
 
 
家具の中にコンセントを組み込むため
巾木部分に配線用の穴を開けています。
 
 
 
 
 
こちらはディスプレイ棚のしっくい仕上げの最終段階です。
 
 
 
 
 
 
一通り家具が据えられて室内の雰囲気がだいぶ整ってきました。
来週にはここに薪ストーブが搬入される予定です。
 
 
 
 
 
版築壁の工事2日目。
残り1.7mほどの高さをひたすら突いていきます。
 
ちなみに1層の厚さは10センチ前後、
全部で24層になるそうです。
 
 
 
 
 
中庭側から見た施行中の風景、
この時点で2/3程度まで上がってきました。
 
 
 
 
 
ついに上まで突き終わり、天端を均して終了です。
1週間ほどこの状態で置いたのち、型枠をバラす予定です。
 
少し大げさに言えば、世界でここだけにしかない唯一無二の版築壁、
出来上がりの表情が楽しみです。
 
 
 
 

版築壁の現地確認

臼杵の家では、
建主のご希望で中庭の仕切り壁を版築でつくることになりました。
 
版築というのは、土を突き固めて基礎や土塀にしたもので
近代以前には寺院や貴族の館などの外塀として使われてきました。
しかし、経済性やスピード優先の現代では、工業化も進み
機能的な塀として版築が使われることはほぼなくなりました。
 
手間暇かかる版築ですが、
スピード優先の工業製品では出せない味のある表情が魅力です。
 
唯一無二の壁をつくるために、建主や工務店と検討を重ねた結果
この一品だけは長門の福田さんにお願いすることになりました。
 
時期も時期だけに、感染対策を徹底した上で
材料の搬入を兼ねて現地で打合せを行いました。
 
 
 
 
 
 
壁の高さが2m以上あるため、
2トン車いっぱいに積まれた土は全部で80袋、
1枚の壁にこれほどの土が必要とは、ちょっと予想外でした。
 
材料を降ろした後、現場で細かい寸法等の確認を行い
工事の日程も決まりました。
 
 
 
 
 
 
こちらはキッチン収納に使うカウンター用の無垢材
 
現場に向う途中、
中津の建具屋さんに立ち寄って確認してきました。
3.6mの長さがとれる無垢材が必要なため
提示していただいたのがバルサムという北米産の白木です。
 
 
 
 
 
 
 
カンナで削るとこのような表情でクセの少ない淡い色合いの木目です。
しっかり乾燥した材で狂いも少ないとのことで建主にもご了承いただき、
この材料で進めることになりました。
 
 
 
 
 
 
キッチン周りに据える造付の家具たちも順調に製作が進んでいるようです。
 
 
 
 
 
 
現場にはキッチンの顔となるカウンター家具が運び込まれていました。
 長さは4mもあるフランス製のビンテージです。
 
主役となるこの家具にふさわしい空間となるよう
平面プランと構造計画を何度も練り直してこの場所が用意されました。
 
 
 
 
 
 
ダイニングキッチンでは、壁のしっくい工事が進んでいます。
左官屋さんが塗っているのはディスプレイ用の棚。
 
細長く入り組んだ棚全体をコテで仕上げるのはけっこう面倒ですが、
一つ一つ時間をかけて仕上げていただいています。
 
 
 
 
 
 
リビングに据えられたミニキッチン。
こちらは全面モルタルで仕上げます。
 
この家の仕上げはほとんどが工業製品ではない職人による手仕事です。
その分、時間と手間がかかってしまいますが
その一つ一つの積み重ねが、ここでの暮らしを豊かに包み込み
経年変化とともに豊かな時間を提供してくれるでしょう。
 
 

臼杵の家、内装工事進行中

臼杵の現場も
 
外観はほぼ仕上がっており、現在内部の左官工事が進行中です。
 
 
 
 
 
南側正面からの外観
 
中央の中庭をはさんで
横スリット窓が印象的なダイニングと開口の大きな2階吹き抜けのリビング。
 
 
 
 
 
ダイニングから玄関方向を見たところ
まだ仕上げのしっくいを塗る前段階ですが、夏の日差しもあり
窓の少ない空間の割に明るさは十分です。
 
 
 
 
 
横スリット窓のカウンターの右側にはディスプレイ棚のアルコーブ
壁と同様にしっくいで仕上げてもらいます。
 
 
 
 
 
リビングの開口は防犯上、仮設の板戸で半分が塞がっていますが
しっくい塗装された空間は落ち着きのある明るさです。
 
 
 
 
 
 
窓側からの見返し
 
右奥には小上がりのたたみの間、
その上部は隠れ家のような子供室です。
 
 
 
 
 
 
階段も仕上がり、シンプルな手すりも取付完了しています。
 
 
 
 
 
洗面室と視覚的につながる浴室
 
床、壁ともモルタル仕上げで
蒸し暑い中、左官屋さんが丁寧に仕事をしてくれています。
 
設計に1年半、そして着工から7ヶ月余り。
普通の家であれば、すでに完成していてもおかしくないのですが
建主のこだわりをひとつひとつ確認しながらの家づくりです。
 
この忙しい時代にはありえないようなつくり方かもしれませんが
建主と設計者、そして施工する工務店それぞれが思いを受け止めて
進めることができている、とても稀な家づくりかもしれません。
 
 
 

臼杵の家、仕上工事打合せ

 
 
臼杵の家は外部工事が概ね終わって
内装工事が進んでいます。
 
建て主とお店につける照明の位置や小物などを再確認。
午後からは、工務店や職人さんと
これから始まる左官工事と塗装工事について
細かい納まりや質感などについて打合せを行いました。
 
 
 
 
 
奥に見える水平のスリット窓は
カフェカウンターからのピクチャーウインドウ。
高さを絞り込んで、外の風景を切り取っています。
 
 
 
 
 
店内からピクチャーウインドウを見たところ。
(まだブルーシートで覆われています)
 
カウンター席に腰掛けると、仄暗いお店の中から
象徴的に切り取られた外の景色とつながります。
 
 

臼杵の家、現場打合せ

臼杵の現場に打合せに行ってきました。
 
道路の南側から見ると
水平に伸びる軒先の陰影がとても印象的な外観になっています。
 
 
 
 
 
道路側から入口を見たところ
 
川の氾濫を想定して高基礎にしてあるため
ここから階段でアプローチするかたちになります。
 
仕上がったばかりの杉板の外壁が目に鮮やかです。
これから経年変化しながら、少しずつ臼杵の古いまち並みになじんで
時間の中で建築とくらしが同時進行で形成されていきます。
 
 
 
 
 
敷地の近所に未来形のような家がありました。
半世紀のちにはおそらくこれくらいの風格が現れるのではないかと期待します。
 
 
 

臼杵の家、足場解体

臼杵の現場では外壁の杉板が仕上がり、足場が撤去されました。
(写真は住想さんから送ってもらったもの)
 
外観は、住宅街のまち並みに違和感なく馴染むように
ボリュームを分割して、何気ないスケール感に落としています。
 
 
外壁の杉板は無塗装で、
時間の経過とともに日光や雨によって風化しながら
臼杵の古いまち並みに馴染んでいくことを目論んでいます。
 
 
 
 
 
道路南側から見た外観
 
建物の表になるこちら側は開口の位置や形をシンプルにすることで
杉板の表情がより際立つようにデザインしています。
 
 
 
 
 
 
軒樋部分のディテール
黒い軒樋に合わせて、樋受け金物も色合わせしてもらいました。
 
細かいことですが、
素材や色数が整理されてとてもすっきりした表情です。
 
 
 
 
 
室内の下地工事も進んでいます。
リビング部分は土間コンクリートの上にスギの厚板を貼って仕上げていきます。
 
 

臼杵の家、外部工事進行中2

臼杵の家、外部工事の確認と内装工事の打合せに行ってきました。
 
外部はかなり工事が進み、
外観のシルエットがはっきりわかるようになりました。
横長の平屋部分と深い軒下が安定感のある姿を生み出しています。
 
 
 
 
 
 
道路側の玄関部分では、
4人がかりで2.2m幅の大きな金属製の庇が取付られました。
 
 
 
 
 
 
カウンター部分に開けられた横長のピクチャーウインドウ
あえて窓高さを絞り込んで。風景を切り取っています。
 
 
 
 
 
 
カウンターに使用する約5mのスギの一枚板。
木目や色合いも渋みがあり、なかなか風格のある一品です。
 
お施主さん立ち会いのもと、風合いや表情を確認し
この板で進めることが決まりました。
 
 
 
 
 
 
ダイニングスペースから玄関を見ると
防湿シートを透かして入ってくる光が拡散して
工事中なのになんだかとても気品が漂う感じになっています。
 
この部分は壁でふさがれるので実際には光は入らないのですが
左脇カウンター部分のスリット窓と背後の掃き出し窓から
やや抑え気味の光を取り入れることにしています。
 
これらの光のまわり込みがどのように空間を色付けてくれるのか
とても楽しみです。
 
 
 

臼杵の家、外部工事進行中

臼杵の家では、屋根や外壁周りの工事が進行中です。
 
遠隔地の工事のため、
頻繁に現地に出向いてチェックすることが難しいのですが
工務店(住想)さんが工事の進行状況を画像で送ってくれるので
細かい部分の納まりやデザインの調整もやりやすく、とても助かります。
 
 
 
 
 
こちらは屋根の換気棟の施工状況
 
軒先から入った空気をここから抜くことによって
夏場の屋根裏の熱気を逃がすことで暑さを抑えることができ、
屋根下地内の結露による骨組みの劣化も防ぐことができます。
 
 
 
 
 
こちらが軒先の通気穴(防虫網付)
垂木と垂木の間の面戸板という部材にひとつひとつ穴を開けるため
結構手間がかかっていますが、丁寧に加工していただいています。
 
 
 
 
 
こちらは中庭の屋根部分
外壁のある部分と部材どうしの取り合い方が少し異なるので
大工さんの意見を監督さんが仲介してラインと電話でやりとりしながら
他の部分と統一感が出るように形状を調整していきます。
 
 

臼杵の家、中間検査

先週になりますが、臼杵の家の中間検査が行われました。
大分県では、一般の木造住宅でも骨組みや耐力壁、小屋組ができた段階で
審査期間の検査が行われるため、立会いに行ってきました。
 
リビング側から中庭を挟んでダイニングキッチン側を見たところ。
壁の筋違いや屋根の小屋組の工事が完了した状態です。
 
 
 
 
 
 
筋違い端部の金物納まり。
柱ごとの必要な強度に合わせて金物で固定されています。
施工もしっかりしてあり、検査も問題なく終了です。
 
 
 
 
 
南東部から見た外観
手前のリビング部分と奥のダイニングキッチン部分が
中庭をはさんで一帯の屋根でつながっています。
 
 
 
 
 
軒下から見るとこんな感じ。
軒裏の架構はそのまま表しにするため、
33センチピッチで垂木が道路まで連続して見えてきます。
 
 
 
 
 
検査の終了後、
大分市内の金属加工工場に、玄関庇の製作状況を確認しに行ってきました。
左の幅広の庇は道路側の正面玄関につけるもの、右は勝手口側のもの。
 
中間に補強のリブがビスで固定されていますが
裏面のビスがやや表面から浮いていたりするところがあり
一枚のフラットな表情に見えるように修正をお願いしました。
 
この庇は仕上に艶消しの黒い塗装を施しますが
アルミの場合、焼き付け塗装がきれいに仕上がるとのことで
まずはサンプルで確認して、全体の質感とのバランスをチェックする予定です。