大神の家2 スタディ模型

大神の家2、
これが3案目のスタディ模型です。
 
26坪のコンパクトな家ですが
敷地向こうに広がる田園風景を望むための大きな開口を開き、
広がりの感じられるおおらかな居住空間に仕立てていきます。
 
 
 
 
 
室内の断面構成
1階に主要な部屋、2階に将来の子供室にも使えるセカンドリビング、
それらが吹抜けでつながる構成になっています。
 
 
 
 
 
上からの見下ろし
吹抜けのまわりにセカンドリビングやロフトがあり
ぐるっと一周できる回廊状の空間になっています。
 
1、2階の親密感とそれぞれの場所の個性のバランスを
平面寸法や断面構成、天井高さなどを変えながら
さらにスタディしていきます。
 
 
 

大神の家2、地盤調査

雪の散らつく中、
新たなプロジェクトの地盤調査を行いました。
敷地奥は4mほどの擁壁、その下に川が流れるロケーションです。
 
設計はまだ始まったところですが、擁壁近くの地盤の状態が気になるため
事前に地盤のデータを確認してから建物の配置と平面形状を調整する予定です。
 
地盤の状況はさておき、
川向こうに広がるのどかな風景はこの家の最大の武器になりそうです。