ステイホームを考える

 
東京などに緊急事態宣言が出されて一ヶ月あまり。
ステイホームを続けた中でわかったことの一つが「居心地」の大切さです。
 
長時間同じ場所に閉じこもればどうしても窮屈に感じます。
その気分を少しでも和らげてくれるのが居心地ではないでしょうか。
実は、家の「見た目」や「広さ」以上に大切なことかもしれません。
 
城ケ丘の家では、
家は小さく、でもその分、庭を広く取っています。
庭の一部はウッドデッキで家とのつながりをつくり
庭に大きく開くことで広さ以上の「広がり」を大切にしています。
 
暮らしは家の中だけで成り立っているわけではありません。
家の中でも外でも過ごす場所があれば、気分の切り替えも可能です。
 
庭やその先の環境も含めたデザインが、いかにくらしにとって大切か、
期せずして、そのことを改めて実感させられます。
 
 
 

2020.5.13 設計事務所 TIME

 

ウッドデッキ、再塗装

城ケ丘の家のウッドデッキ、
雨や紫外線にさらされて、建物の中で一番劣化が激しい部分ですが
前回の塗装から2年が経ち、さすがにかなり色褪せてきました。
今回もGW時期の快晴の日をにらんで再塗装を行います。
 
 
 
 
 
初日はデッキブラシで汚れを洗っていきます。
この家ではウッドデッキはリビングよりも広く、
全体で12坪もあるので、洗うだけでもかなりの作業量です。
 
 
 
 
 
 
2日目はいよいよ全面塗装です。
オスモのウッドステインプロテクターの2回塗りです。
 
塗りたてはかなり艶が激しいですが
1ヶ月もすると。艶がなくなっていい感じの表情に変わります。
 
2日がかりの大作業でしたが
この時期の晴天のおかげで順調に仕上がりました。
 
 

ウッドデッキ、メインテナンス

 
 
 
DSC052220.jpg
 
 
城ケ丘の家のウッドデッキ
完成から約2年、いい感じで色褪せてきましたが
防腐効果がなくなり、一部に腐食が見られたので、塗り直しを行いました。
 
まずは、プランターや椅子などをのけて、デッキブラシで水洗い。
 
 
 
DSC052221.jpg
 
 
一日乾かしたところで、防腐塗料を塗っていきます。
写真のモップを扇産業さんから貸してもらい、
50㎡ほどの広さを3時間ほどで塗り終えました。
(本来は2回塗りですが、色が濃くなりすぎるので1回のみとしています)
 
今回使ったのはオスモのウッドステインプロテクター。
色合いが変わるのはもったいないので色選びにはかなり悩みましたが
バークグレーという茶系の色とクリアを半々に混ぜて使うことにしました。
 
 
 
DSC052222.jpg
 
塗り終わったウッドデッキ。
完成時に近い色合いで木目も残り、まずまずの仕上がりです。
 
 
 
DSC052223.jpg
 
 
プランターや椅子を元の位置に戻してメインテナンス完了です。
今後も半年から1年ごとに手入れを行い、経年変化を楽しみます。
 

 

2015.10.26 設計事務所 TIME

 

 
 
 

アトリエのような

 

DSC01073.JPG

 

 

城ヶ丘では塗装工事が進んでいます。

今回は、予算の関係で室内はセルフペイント。

えびぞりになりながら、なんとか天井を塗り終わり、

金曜には強力な助っ人の登場で、リビングが一気に白くなりました。

アーティストのアトリエのようなざっくりとした雰囲気を目指していきます。

 

2013.6.18 設計事務所 TIME