日進月歩




DSC052248.jpg

中央町の家、基礎工事進行中です。
それにしても、最近の基礎は大きいですね。




DSC052249.jpg

アンカーボルトを設置しているところ。
レーザーで正確なレベルをチェックしながら据えています。




DSC052250.jpg

この基礎屋さんは鋼製型枠を使っていて
専用の金具でボルトを固定ています。

これだと、前後左右の位置を正確に出すことができます。
基礎工事も日進月歩で進化しています。



中央町の家、配筋検査




DSC052243.jpg

中央町の家は基礎工事が進んでいます。
長方形の敷地に対し、ジグザグに折れ曲がった配置です。



DSC052244.jpg

ジグザクの平面形に対し、フーチングを格子状に組んで底盤を補強。
鉄筋のかぶり厚、設備配管回りの配筋補強など、一部修正してもらい
コンクリート打設に進みます。

中央町の家、地盤調査




DSC052214.jpg


中央町の家の地盤調査を行いました。

地盤の状況によっては補強や杭が必要で
その分、コストにも影響するため、いつも気をもみます。



DSC052215.jpg


SS試験もIT化が進んでいて
黄色の計測器のデータが携帯端末に瞬時に送られてくるそうです。

土地(自然)のことなので、こればかりは成り行きになりますが
良い結果を期待します!