週末連載~南フランスvol.167

 

 

礼拝堂後部に描かれた宗教画。

 

DSC00483.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロザリオ礼拝堂の後部に、マティスによる

十字架の道行きが描かれています。

 

書き殴ったようなその筆致は

キリストの受難をあえて意識的に表現したものです。

 

マティスは、一見荒っぽいこの絵のために2年もデッサンを重ね、

そしてたったの4時間で仕上たのだそうです。

 

2010.9.18 設計事務所 TIME