鎮物




DSC051850.jpg



東山の家の工事契約が交わされました。
契約の際、お施主さんが地鎮祭用の鎮物というものをご持参。

木箱のふたを開けてみると、日ごろ見慣れないものたちが!
(思わず、オーッと声が出る)

調べてみると
上段左から、楯、人形、鉾
下段の丸いのが鏡と水玉、そして刀と長刀なんだそうです。
土地の神を鎮めるため、この箱を土地に埋納されるのです。

詳しくはこちらへ

21世紀の今と古(いにしえ)がつながる瞬間のような不思議な気分です。