末武下の家、外観のスタディ




DSC051815.jpg



二つの家型が寄り添うかたち。

末武下の家での外観のスタディ。
敷地の区画割りと方位の角度のズレをそのまま造形に生かし
それに対し、
単純な切妻屋根で環境に馴染ませつつも、多面的な風景をつくる。
このかたちを基本形にデザインをアレンジしていきます。