地域とつくる

 

 

DSC01745.JPG

 

 

今年も徳山高専の建築設計演習の授業が始まりました。

今年のお題は「地域でつくる、人とつくる」

 

身近にある公共施設は本当に地域の支えになっているだろうか?

 

その問いから、地域のためになる建築とはどんなものなのか、

建築をつくるプロセスから問い直し、

地域住民とともにつくる建築の実践方法を学んでいきます。

 

昨日は高専のある桜木地区のコミュニティで地域の課題を説明いただき

課題解決へのアイディア出しを行いました。

 

2014.4.25 設計事務所 TIME