理に適う

 

 

DSC01098.JPG

 

 

屋根の上に瓦が並んで、これから取付が始まります。

ここだけで200枚はあるので全部で800枚くらいになりそうです。

 

 

DSC01099.JPG

 

軒先から順番に固定しているところ。

瓦の形をよく見ると、雨を受けるように凹型になっていて

その形が屋根下地との間に通気層をつくっているのがわかります。

最近は瓦桟にも通気穴が施されています。

激しい雨が降り、湿気の多い日本の家を守るのに

瓦屋根がいかに理に適ったものであるかがわかります。

 

2013.7.24 設計事務所 TIME