フレーム図

 

DSC01017.jpg

 

城ヶ丘の家の骨組みをパースにしたもの。

プレカットの担当者が出力してくれました。

フレームだけでも立体的な構成が一目瞭然です。

 

ほぼ平行して並ぶ母屋と離れ。

母屋はくの字に折れ曲がって中庭空間をつくります。

シンプルな切妻屋根の各棟は、微妙に向きが違います。

これは、古い集落のように地形に従った家の並びを再現したもの。

向きの違いによって、まち並みに表情をつくることを意図しています。

今週末には、いよいよこの形が実際に姿を現わします。

 

2013.3.6 設計事務所 TIME