ユトレヒトのまちから

 

NHKの世界ふれあい街歩き

昨日はオランダのユトレヒト、運河の美しい町でした。

 

番組の最後に出てきた初老の紳士

郊外から旧市街の素敵な家に越してきたそうで、

家の中を案内しながら、「欠点も多いよ」といいながら

螺旋階段の昇り降りの大変さや窓の隙間風の悩みを話します。

しかし、

「それでも、この家に住めるなら我慢するさ」と一言。

性能では語れない愛着という家の価値が滲み出す一言です。

 

欠点の少ない高性能の家も悪くはないですが

できれば、古くなっても愛着が薄れない、そんな家をつくっていきたいですね。

 

2012.9.26 設計事務所 TIME