長崎の旅1

 

 

DSC00931.jpg

 

 

長崎における歴史の重心の1つ、大浦天主堂。

外壁はレンガ造、一方で内部のリブボールト柱は木造です。

石造の理屈を表面的に模倣しながらも

その技術の高さとそれをつくった精神に歴史の重みがあります。

 

 

2012.8.24 設計事務所 TIME