ワンサイズ




DSC052417.jpg

CAPIME coffee の室内空間
普段、ここはリビングですが、展示会最中はギャラリーに様変わり



YAA!!の浅岡さんからお聞きした「ワンサイズ」
サイズはひとつだけど、服にもデザインにも余白を持たせて
人それぞれに着こなし方を楽しめるという考え

それは、建築や住まいにも通ずるエッセンスです。

暮らし方や使い勝手をすべて家(ハード)のつくりで解決しようとすると
コストがかかるし、将来の変化に対応しにくくなります。

高機能の家は一見便利なようですが、
実は通り一遍の暮らし方しかできない楽しくない家かもしれません。

時代は刻々と変わり、人間自身も社会とともに変化していきます。
住まいとはそんな変化を受け止める受け皿です。

ひとつの部屋(空間)がひとつの使い方しかできないより
いくつもの使い方ができるほうが、より自由で楽しいはず。

あれもこれもと詰め込むより、適当に余白をもたせて
住む側が工夫し、暮らし方を見出していくほうがスマートです。

われわれは、そんな創造的な場を提供していきたいと願っています。