週末連載 スイス・ドイツ114




DSC052270.jpg


ノイエ・ヴァッへ
こちらもシンケルの設計、衛兵の詰所として1816年に建築。

もともと中庭だったこの場所、
1931年には、ハインリッヒ・テッセノウにより屋根と天窓がつけられ
第一次世界大戦の戦没者慰霊の場へ。

第二次世界大戦後には、彫刻家ケーテ・コルヴィッツのピエタが置かれ
すべての戦争犠牲者のための追悼施設となっています。

ドイツが抱えてきた歴史がデザインとしても重層し、
精神性に満ちた空間は、深く深く、心を打つのです。