大津島、さくら茶会を開催しました

大津島のさくら茶会が開催されました。
春が霞むのどかな瀬戸内の海を渡り、大津島へ。
 

 

 

石柱庵のまわりは、桜のモザイク模様に

 
 
 
 
今年の茶会はほんとうに見事な桜とともに行われました。
 
 
 
 
徳山高専茶道部の学生さんによるお点前。
あるがままの自然の庭を背景に、しとやかなお茶を味わいました。
 
 
 
 

生野屋の家、足場解体

生野屋の家では足場が解体され、外観の姿が現しました。
 
道路側に建つアトリエ部分、
ゆるい勾配屋根のギングロのボリュームで
表情は抑え気味ながら、不思議な存在感も現れています。
 
 
 
 
内部も造作工事が進んできました。
こちらは和室の天井、さらっとした印象の杉板張りです。
 
 
 
 
アトリエもほぼ形ができあがりました。
北側(画面右)からの自然の明かりが室内全体に広がっています。
 
 
 

大津島さくら茶会

大津島の石柱庵にて
徳山高専茶道部によるさくら茶会が開催されます。
さくらとともにのどかな春を感じる大津島へ、是非お出かけください。
 
詳しくはこちらへ
 
<アクセス>
徳山港より巡航船で約20分、フェリーで30分
瀬戸浜港より徒歩15分
刈尾港から35〜45分
 
 
 
 

内田文雄先生、講演会

山口大学の内田文雄先生の講演会を聞いてきました。
 
山口大学に赴任されてからの18年の間に
様々な場面でお会いする機会をいただきましたが
今年度限りで大学を退官されるとのことで
最終講演を感慨深く拝聴しました。
 
演題は「耕すように、まちを育てる」
内田先生らしく、ある意味、無骨で泥臭く取り組んできた
建築によるまちづくりの実践をお聞きすることができました。
 
 
 
 
 
象設計集団時代、直接担当された名護市庁舎
 
私も5年前に実際に市庁舎を見学し、
市民に開かれた市庁舎の清々しさを実感しましたが
今回、ご本人から直接お話を伺うことができました。
 
 
 
 
内田先生はこの二つの考えをもとに
一貫した立場で建築に取り組んでこられました。
 
建築というと、
見た目のデザインや華々しい話題性がもてはやされがちですが
本当はもっと大切なことがあるのだという思いが凝縮しています。
 
地域社会に根を生やし、
そこに住む人が元気になり、育っていくための拠り所
 
先生の哲学が改めて胸に刺さりました。
 

週末連載 台湾44

台湾一の観光地、九份
夕暮れ時、漆黒の建物に赤いランタンが強烈な印象を生み出しています。
 
世界のどこにもない固有の風景は、
「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われ
日本からも多くの観光客を引きつける現代の聖地に昇華しています。
 
 
 
 
 
殺人的な混雑はまるで昇り竜!
 
日本のGWだったこともあり、
聖地は沸騰し、驚異的な磁場を生み出していました。
 
 
 

ヘリテージマネージャー養成講座6

HM養成講座、宇部編
山口大学感性デザイン工学科の内田文雄先生に
「建築が生き続けるということ」というテーマで講演いただきました。
 
 
 
 
 
人口減少に伴う空き家の増加、公共施設の老朽化など
建築を取り巻く様々な問題が浮かび上がる中
質の高い建物を後世に伝え残していくことが課題になっています。
 
建物はまちや人の歴史や記憶を繋いでいく貴重な存在です。
しかし、使われなくなった建物をただ単に保存するには大きなコストを伴います。
そのため、建物を生かし続けて残していく方策が必要になります。
 
講演では、内田先生の実践をもとに
生き続ける建築について、貴重なお話をいただきました。
 
 
 
 
 
講演の後、
重要文化財となった渡辺翁記念館など、建築家、村野藤吾の作品を視察。
 
 
 
 
 
エントランス脇の壁には炭鉱で発展した宇部を象徴する
炭鉱労働者のレリーフが刻まれています。
 
 レトロな雰囲気のエントランスは
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のロケにも使われました。
 
 
 
 
 
ロビーから2階天井を見上げたところ
手すり壁、柱、天井の照明形状など
力強さの中にも優美な表情も併せ持つ意匠にまとめられています。
 
 
 
 
 
階段ホール吹抜けのガラスブロック
改修時に新しいものに変わっていますが
複雑な形状が光を乱反射させながらドラマチックに広がっています。
 
 
 
 
 
2階ホワイエの列柱空間
茶色の大理石と磨き込まれたチェック模様の床が華やかです。
 
 
 
 
 
ホール内部を舞台から臨んだところ
村野特有の優美な曲線が多用された空間は、音響的にもすぐれています。
 
 
 
 
 
ホール背面、円弧壁の連続
舞台からの音をこちらで拡散させる効果を意匠とバランスさせています。
 
 
 
 
 
天井の造形とライティング、間接光が優美で美しい。
 
 
 
 
 
照明器具も村野によるオリジナルデザイン
一つ一つ丹念にデザインされています。
 
 
 
 
 
貴賓室の床
4色の人研ぎ仕上げに大理石がはめ込まれたコンポジション
 
村野は随所に装飾的な意匠を施していますが
そこには、建築は合理性だけでなく、人の心に響くものでなければならない
という彼の哲学が深く刻み込まれているように思います。
 
 
 
 
 
回り階段、巾木端部のディテール(丸く盛り上がっている部分)
ほとんど人が気づかないような箇所も
細心の注意を払ってデザインされています。
 
 
全体の空間構成から細部の意匠に至るまで
ひとつとして手を抜くことなく、デザインされたこの建物。
奇跡的に戦災を免れ、その後も市民に愛されながら現役であり続け
これからも長く長く生き続けていくことでしょう。
 

生野屋の家、床暖房工事

アトリエに設置された床暖房のパネル
 
1日のうちで最も長い時間を過ごすアトリエ。
天井も高く、空間も大きいため、冬の寒さに備えて床暖房を設置。
できる限り、絵画製作に集中できる室内環境を目指します。
 
 
 
 
 
外回りでは、外壁の波板の施工が始まっています。
屋根との取り合いもできるだけ簡潔にまとめて
無駄のないすっきりとした納まりにしています。
 
 

大津島ミーティング、島麦酒とともに

内田鋼一さんを囲んでのミーティング。
今回もお忙しい中、周南まで足を運んでくださり
秋に向けて、イベントの構想などを話し合いました。
 
 
 
 
会席では今年完成した島麦酒をみんなで賞味。
 
大津島のスダイダイを使った地ビールで
メンバーの松田翔剛さんがプロデュース、ラベルデザインを行ったものです。
 
味はやや濃厚でスダイダイの酸味と淡い苦味がマッチしていて
ベルギービールのように風味を楽しみながら飲みたい逸品です。