週末連載 台湾4




DSC052414.jpg


中国歴代の至宝が収められた故宮博物院

正面の門には孫文によって書かれた「天下為公」の文字。
「天下は公民のためのもの」という意味だそうです。

70万点近くもの収蔵品は、日中戦争やその後の内戦の最中、
戦火を逃れ、中国国内を転々としたのち、台北にたどり着いたのです。
その間、犠牲になったもの達が多くいたことでしょう。

命を懸けて守り抜かれた珠玉の名品達、
時を経て、国内外から多くの人を惹きつける、まさに公民のための場になっています。