d47落語会

 

 

DSC01029.JPG

 

 

ナガオカケンメイさんのd47プロジェクト

山口版の出版記念に山口県で落語会が開かれます。

いつもは東京のヒカリエで行なわれる落語会が、

このたび、地方で初めて行なわれます。

 

日程 : 4月29日(月)祝

時間 : 15時~17時(14時30分開場)

場所 : シネマ・ヌーヴェル(周南市徳山駅前商店街内)

会費 : 3000円(自由席、先着順)

チケットはこちらから。

http://www.d-department.com/event/event.shtml?id=8016745254863054 

 

古典に限らず、スーツを着ての新作落語も披露する柳家花緑さん、

当日はナガオカさんとのトークショーも行なわれます。

ナガオカさんと花緑さんがつくる新しい落語の魅力をぜひお楽しみください。

 

 2013.3.28 設計事務所 TIME

 

屋根工事進行中

 

 

DSC01028.JPG

 

 

城ヶ丘の家は屋根工事に進んでいます。

平屋にしたこともあり、かなりの大屋根です。

中庭を覆う屋根は軒の出が深く1mほどあります。

この軒の出が設計の重要なポイントで

母屋と離れの屋根の狭間に切り取られる空、

そこから差し込む光がどのように中庭を豊かにしてくれるか

生活の舞台としてのこの場の力に期待しています。

 

2013.3.26 設計事務所 TIME

金剛山の家

 

 

DSC01027.JPG

 

 

金剛山の中腹で家の建て替えが始まります。

敷地は200坪ほどの広さがあり、周南のまちが前方に広がるおおらかな土地です。

このロケーションを生かし、のびやかな平屋の家をつくっていきます。

 

2013.3.25 設計事務所 TIME

週末連載 スイス・ドイツ16

 

 

DSC01026.JPG

 

 

アルプスの山越えでは、車窓から次々と絶景が現れます。

オギュスタン・ベルクの本によると、

西洋人がこの風景を認知したのは18世紀の中ごろとあります。

厳しさの中に美しさをまさに発見したわけですが

その恩恵を受けることができるのは本当にありがたい。

 

2013.3.23 設計事務所 TIME

建築文化として

 

 

DSC01025.JPG

 

 

チーズの穴のように抜けた向こうに見えるパステルカラー。

サインに示された通り、これは交番です。

お堅いイメージのあるの交番、

それを一新させたのはクラインダイサムアーキテクツの仕業。

熊本アートポリスは着実に地方に建築文化を根付かせている、

それを実感するデザインです。

 

2013.3.22 設計事務所 TIME

 

心地よいスケール感

 

 

DSC01024.JPG

 

 

丸い穴の下に湧き出る泉。

熊本駅の西口には、モダンなデザインの心地よい場があります。

広場の設計は佐藤光彦氏。

送迎の自家用車やタクシーの通るロータリーと人の使う広場を

一枚の薄い壁で仕切り、所々に四角い穴を開けて風を通しています。

適度な囲われ方が散漫な駅前に心地よいスケールを与えています。

 

2013.3.21 設計事務所 TIME

 

 

エコ+α

 

 

DSC01023.JPG

 

 

熊本と言えば路面電車。

その軌道がなんと芝生敷きになっています。

熊本の夏の日差しは強く、それを緩和する効果もありそうです。

そばにはきれいな植栽や樹木もあって豊かな都市景観を演出。

単なるエコだけじゃない、豊かな工夫です。

 

2013.3.19 設計事務所 TIME

 

 

アグレッシブ

 

 

DSC01020.jpg

 

 

コム・デ・ギャルソンのパリ・コレクションから。

世の中のデザインは控えめな方へ向かっていますが

川久保玲は常にアグレッシブです。

まるでフランク・ゲーリーのようなパーツの組合せはかなり建築的。

 

2013.3.13 設計事務所 TIME