新しい風景へ

 

山口市内の民家。

 

DSC00636.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山々に囲われた盆地の中に広がる穏やかな田園、

その中にたたずむ立派な平屋の住宅です。

 

この昭和テイストの建物に新たなライフスタイルを吹き込んで

新しい風景をつくれるか、リフォームの可能性を探っていきます。

 

2011.4.26 設計事務所 TIME

 

週末連載~南フランスvol.218

 

眼下に見えるマントンのまち。

 

DSC00635.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス国境のまち、マントン、その向こうはイタリアです。

カーラジオから聞こえてくる声もイタリア語でなかなか騒々しい。

 

過去に繰り広げられた幾多の戦いと侵略。

このまちは、フランスでもあり、イタリアでもあるのです。

 

2011.4.24 設計事務所 TIME

 

週末連載~南フランスvol.217

 

地中海を見渡す絶景。

 

DSC00634.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急斜面の丘にあるカップマルタンの集落、

その一番上にこのまちの墓地があります。

 

墓地から見える地中海のパノラマ。

こんな絶景の墓地はそうはないかもしれません。

 

その絶景を見渡せる場所に、

コルビュジエとその妻、イヴォンヌが眠っています。

 

シンプルにコンクリートでデザインした墓、

それは、まさにコルビュジエそのもの。

墓を前に、建築と真摯に向き合い続けることを誓いました。

 

2011.4.23 設計事務所 TIME

 

駅の使い方

 

カフェをイメージした待ち合いスペース。

 

DSC00633.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳山駅新幹線口のエスカレーターホールにあるこの場所、

現在、情報スペースなどとしてなんとなく使われています。

 

この場所を、周南市のインフォーメーションとして活用、

それにあわせて、待ち合いスペースを整備します。

 

内装は触れないのですが

少しでも、くつろげる場所になればと、検討を重ねています。

 

2011.4.22 設計事務所 TIME

 

チャリティーチャペルコンサート

 

サンルート徳山からコンサートのお知らせです。

 

DSC00632.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も御木マドカさんのチャペルコンサートが開催されます。

昨年同様、田中雅弘さんのチェロとの競演です。

このコンサートでは、売上の一部が

東日本大震災で被災された方々への義援金となります。

 

瀬戸内の海と夕日、楽しいカフェタイム、

そして弦楽器の美しい音色をぜひご堪能ください。

 

お問い合わせは、

ホテルサンルート徳山(TEL. 0834-32-2611)まで。

 

2011.4.20 設計事務所 TIME

伝統とモダン

 

京都御所脇にあるとらや。

 

DSC00631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計は、内藤廣さん。

新しい徳山駅の設計を担っている人です。

 

新しいものに簡単には飛びつかず、

しかし、しっかりとモダンな感性を持って

伝統というものとの調和を目指す設計姿勢は

ここにもしっかりと息づいています。

 

2011.4.19 設計事務所 TIME

 

週末連載~南フランスvol.216

 

穏やかに広がる地中海。

 

DSC00630.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の建築を変えた革命児、ル・コルビュジエ。

1965年、この海で海水浴中に心臓発作で帰らぬ人となりました。

 

あくなき探求の源となった地中海。

彼にとって、まさに、母なる海へと永遠の旅立ちをとげたのです。

 

2011.4.17 設計事務所 TIME

週末連載~南フランスvol.215

 

手すりの上に置かれた鉢植え。

 

DSC00629.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルビュジエ設計のゲストハウス、

脇にある階段の上り口にあるディテールです。

 

そっけない木のかたまりに突き刺さる太い鉄棒、

その無骨なデザインを解きほぐすように置かれた鉢植え。

巨匠のアイディアかどうかはわかりませんが

思わず顔がほころびそうな風景です。

 

2011.4.16 設計事務所 TIME

 

 

まちの使い方をかえる(3)

 

新周南の連載「まちの使い方をかえる」、

第3回目の原稿が載りました。

(クリックすると大きくなります)

 

DSC00628.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災から1ヶ月あまり、

被災地の復旧は始まったばかりです。

 

この震災から浮き彫りになったのは何か?

まちの復興には何が大事か?

あくまで私見ですが、ご興味があればご一読ください。

 

2011.4.15 設計事務所 TIME